製品案内

製品案内

SCC(Spinning Cone Column) スピニング・コーン・カラム

SCC M1,000 (スタンダード)

SCC (オーストラリアのフレーバテック社開発)は、遠心力および重力によって薄膜状になった原料と蒸気を向流接触させることにより、揮発成分を原料から効率よく回収することのできる気液向流接触カラムです。SCCを用いることにより、原料に含まれる揮発成分の品質を変化させることなく、原料に含まれていたときと同じ状態でこれを回収することができます。また、連続式であることから、品質の均一化にも貢献します。

SCCの元は1936年に開発されたカラムです。このタイプのカラムの有用性は、重水製造時の同位体の分離に使われ、その高性能が証明されました。戦後、オーストラリアの科学者、ドナルド・カシミア博士によりアメリカコーネル大学でカラムの商業利用が研究されました。その後、同博士はCSIRO(Commonwealth Scientific & Industrial Research Organization)のメンバーとしてさらに高効率に大量生産を可能にした方法を開発し、今日のSCCの原形となっています。

IES(Integrated Extraction System)

IES250

SCCをシステムの中核として、コーヒーや紅茶等のスラリーから高品質なアロマの回収およびエキスの製造を目的とする設備です。IESは連続式で、香気成分の回収と可溶性固形分の抽出を連動させることができます。主にスラリー調製工程(湿式粉砕)、香気成分回収工程(SCC)、高温抽出工程(RDC)、固液分離工程(遠心分離機等)、清澄化工程(膜処理等)、および濃縮工程(CT等)から成ります。IESはモジュラー式なので、個々の製造ニーズに応じて容易に工程を変更することが可能です。