スピニングコーンカラム

SCC(Spinning Cone Column) スピニング・コーン・カラム

 

SCC M1,000(スラリー対応)
SCC M1,000(スラリー対応)

SCCとは、気液接触カラムにより液体および液状物(スラリー)から香気成分の高効率回収・保存を可能にするシステムのことです。これにより、果汁およびその関連商品、紅茶、緑茶、コーヒー、ノンアルコール飲料、アルコール飲料その他食品製造の風味開発に役立てられています。

SCC(オーストラリアのフレーバテック社開発)の元は1936年に開発されたカラムです。このタイプのカラムの有用性は、重水製造時の同位体の分離に使われ、その高性能が証明されました。戦後、オーストラリアの科学者、ドナルド・カシミア博士によりアメリカコーネル大学でカラムの商業利用が研究されました。その後、同博士はCSIRO(Commonwealth Scientific & Industrial Research Organization)のメンバーとしてさらに高効率に大量生産を可能にした方法を開発し、今日のSCCの原形となっています

 

 

 

 

SCCカラム
SCCカラム

SCCを用いるメリット

・精留工程を経ずに香気成分の濃縮が可能
・壊れやすい揮発成分の完全な回収が可能
・同じ原料を処理しても、パラメーターの変更により異なるキャラクターを持った香気成分の回収が可能
・オフフレーバーの除去が可能
・様々な物性の原料の処理が可能(スラリー、粘性の高い原料等)
・香気成分の回収と可溶性固形分の抽出が同時に行える
・パラメーターの変更等、オペレーションが容易
・連続式であることから、製品の品質が安定する
・CIP機能により洗浄性が高い

 

SCC M1,000 (スタンダード)
SCC M1,000(スタンダード)

・SCCM1000 

カラム寸法:  直径300mm×高さ約3,700mm
キット寸法:  幅2,050mm×奥行き2,250mm×高さ3,845mm*
重量:           約3,000kg
処理能力:       スラリー(懸濁液) 最大700L/h**
水のような原料 最大1,000L/h**

*標準的な寸法であり、最終的なデザインにより異なります。

**原料の物性及び運転状況により変化します。

 

 

           

SCC M10,000(スタンダード)
SCC M10,000(スタンダード)

 

 

・SCCM10000

カラム寸法:  直径1,000mm×高さ約4,000mm
キット寸法:  幅5,700mm×奥行き2,250mm×高さ5,000mm*
重量:           約10,000kg
処理能力:       スラリー(懸濁液) 最大5,000L/h**水のような原料 最大10,000L/h***標準的な寸法であり、最終的なデザインにより異なります。**原料の物性及び運転状況により変化します。

SCCの特徴

 

SCC仕様

世界に誇る気液接触カラムによるクオリティの高さ

SCCのユニークなデザイン構造は、食品の加工時に損失劣化する微妙な香気成分を、世界に先駆け高速、高効率、低コストに液、液状物(スラリー)より回収・保存を可能にしました。

天然の果実香気成分をまるごと回収

今までコーヒー、果汁・野菜ジュースなどの食品・飲料は加工処理の工程でおいしさの大きな要素を占める香気成分が損失・劣化してしまいました。SCCは気液接触カラムの蒸留方式により香気成分を分離回収・保存させ、従来の香気成分の劣化の問題をクリアーしました。


ブルーイング(お茶・コーヒー)、肉、魚から最適香気成分を回収

お茶、コーヒー、肉、魚などの香気成分は加熱加工工程の化学反応で生じるものですが、一番好ましい香気成分だけを分離回収するのは非常に難しいものです。SCCはこれらの香気成分を正確に分離回収することを可能にしました。

ノンアルコールワインでも威力を発揮

ノンアルコールワインや低アルコールワインはSCCによる低温処理で微妙な香気成分を回収。高効率のため原料の0.5%を回収すれば充分な香気成分が得られます。


残り粕からも香気成分を効率的に回収

従来までは、皮、葉、パルプ、種子、酒の絞り粕などは、十分な香気成分を持っていながら廃棄されていましたが、これらの廃棄物もスラリー状にしてSCC処理により、それぞれの香気成分を回収して還元することを実現しました。
※還元しない場合は、天然回収香料として販売できます。

乳製品・ワインなども低コストに商品化

乳製品・ワインなどでも不快な匂いのため商品価値の低いものは、SCC処理により低コストで商品価値を高めることが可能になりました。このように不快な匂いの除去などでも威力を発揮します。

香気成分回収の流れ

SCC

原理

(図1)
(図1)

SCCはステンレス製の垂直円筒形カラムで、SCC底部から水蒸気等を投入して揮発成分を回収します。カラムの中心部にはシャフトが組み込まれていて(図1)、これに円錐形のスピニングコーンが取り付けられています(図1)。一方で、スピニングコーンとスピニングコーンの間には回転しないステーショナリーコーンが取り付けられています(図1)。これらのコーンがカラム内には互い違いに20セット組み込まれています(図1)。カラム上部から投入された原料は、スピニングコーン上では遠心力で、ステーショナリーコーン上では重力で薄膜状になりながらカラムの下へと移動していきます(図2)。

 

 

 

 

(図2)
(図2)

この時、カラム底部から投入された蒸気と原料が向流接触し、揮発成分が液相から気相へと移動していきます(図2)。揮発成分を回収した蒸気は、カラム上部から排出され、コンデンサー及びサブクーラーで冷却されてから凝縮アロマとして回収されます。揮発成分の抜けた原料は、熱交換器で冷却された上で、適宜次の工程へと送液されます(図3及び図4)。

SCCのさらに詳しい説明は、Flavourtech社ウェブサイトへ